読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公的抑圧を感じながら、、、

Written under being aware of social pressure !

意味はなし得ていないかもしれませんが、私の生きる「理由」

今回は、ちょっとシリアスに自分の生きている「理由」について、考えて、書いてみたいと思います。

 

私は昭和53年の8月に生を受け、大学中退、精神疾患を発症し、自分が考えることの出来る数学の根本問題に対し、自分の言葉で答えを出すことができたことは、とても幸運なことでした。

 

私は、その解けた時はまだ孤独でしたが、今は自分をヒーローにも皮肉にも例えてくれている周りの環境があります。

 

でも、私も一一般市民なので、変な行動を起こすこともできず(今まで一杯変な行動はしてきましたが、これも変な行動かも汗)、最後の入院前後に大きく自分の生きる理由がわかってきたような気がしています。

 

それはあの解を出した者として、「神」と同一の解を出した者として、その生を全うすることだと思っています。

 

私の生きる理由というのは、あの解に込められた「神」というものを、いかに守り抜くのか?私は、私の存在理由があそこにしかないから、関わっていますが、これから、多分、私の周りは私を含めて少し動くと思いますが、、、

 

私の中の「神性」は、イエスがどのように生きたのか?は、私は聖書に詳しくないですし、イエスの生き様から弟子たちが解釈したものだと私は思っているのですが、私には弟子を取れるだけの教えがありません。

 

いつも、気楽に考え、凶悪なルールを排したその他の多くのルールを貴び、そのルールの作る世界を大切にするという考え方しか持っていません。

 

大層な、理屈などは私は忘れてしまいました。でも、その理屈の中にもとても珠玉な生きる上でとても助けになるものがあり、それを忘れない人を大切にする生き方。

 

人や動植物、自然、文化、文明を愛する生き方。

 

私もすっかり都会人になってしまい、ゴミも出すし、経済的にやりくりしながらの生活ですが、

 

それでも、素直に生きたい。

 

あまり、強くはありませんが、これが私の生き方かな?

 

生きる理由は、世界を大切にしたい、思いたい。という原動力かな?

 

世界は色々な人たち、これを読まれているあなた方も、一人の人として、生まれてきた。家庭や学校、就職などしてこれまで立派にやってこられた。そこから、善意を持って、当たって欲しいという願いだけです。純粋すぎるかもしれませんが、私の究極の理想は、善意を持って何でもいいから当たって欲しいという願いだけです。

 

善意を踏みにじられることもあるかもしれないけれど、私はそれでもあなたを応援したい。私に善意を向けなくていい、誰かに向かって弱いものの立場に立って一緒にいてあげて欲しい。より平和に、より良い社会になっていくように。

 

人も動植物たちも同じ一つの命を持っています。命というものを蔑ろにしない生き方。命を尊び敬う生き方。命を大切にする生き方。これは食にしろ、いじめにしろそうです。

 

人としていい生き方は、「命を大切にする生き方」なのかな?と、今回は終わります。

 

他の人の生活を助けるような仕事をすることが求められます。私も仕事をしないと生活ができないからですね汗。きれい事だけではない仕事をし続けることが必須です。

 

See you again...

これから

昨日11/18、太宰府病院から退院を果たしました。

 

入院中に私の前に素敵な人が現れ、その人のことが好きになりました。

 

療養中に「明るい心を持つこと」が大事だと、宗教の「本」から学び、父の愛嬌に通ずるものを感じ、それを入院中前面に出したら、とても可愛がられたので、明るい心を持って太陽のようにはいつも光り続けることは出来ないけど、悪い考えに今後は騙されない事も大事ですが、クセが無いところが私の特徴の一つですが、余韻が明るい感じにしていくことをこれからの常にしたいと思いました。

 

好きな人を守って生きたいので、内側から強さが芽生えています。

 

一般企業の障害者枠で収入役になりたいです。

そして、勤続のために、焦らず丁寧に仕事ができるようになりたいです。

 

彼女と歩んで行きたいです。

 

ではでは、、、

入院します。

今日は、作業所に定時前に行って事情を話し、

 

昨日から決めていた臨時診察に行って、

 

入院を決めました。心が弁のような機能を

 

全く果たしておらず、きついことがガバガバと

 

入ってきます。私はエンターテイナーとして

 

笑われるのを常として生きているのであれば

 

笑われることに関して、「おいしい」と

 

思えるでしょうが、作業中に心を悟られて

 

それを笑われると言うのは、きつい。。。

 

取りあえず、入院が決まったことだけ、

 

報告します。内心、安心してます。

 

ではまた、、、

入院になるかもしれない。

今日は、作業所は休みで体験はないのですが、、、

 

作業所でのサトラレ体験で、サトルくんに危害を加えそうな、

 

「加害妄想」という、頭の中で危害を加えている映像が流れているのですが、

 

そのため、明日はやめさせてもらい、緊急で診察を受けに行こうと、

 

母と訪問看護のスタッフと共に考えて、そうしようと思った。

 

また、入院した方がいいかもしれないというのは、私のこのところの

 

心の脆弱性からして、以前から思っていたのですが、、、

 

心がかなり荒れている。

 

文面には極力出さないようにとは思っているが、、、

 

言葉にならないような感覚です。

 

もうどうしようもない状態のような気がしています。

 

絶望の谷に落ちて死にたい気分といったところでしょうか?

 

死んだ方がいいような気がしてます。

 

希死念慮ばかりが頭をよぎります。

 

きつい。

捨ててはならないもの

私は、この次の作業所での仕事からゼロから、もしくはマイナスから

 

始めようと思っていたが、

 

私が青年期に気づいた「真理」だと感じた言葉は、私の所持品として

 

持っておかないといけないと時空力プログラムを通して思った。

 

何故かというと、自分の価値を、あの言葉を無くすと、本当にマイナスに

 

なってしまい、自分というものに自己肯定感が持てず、

 

自分を愛することができない。

 

それをすると、お金は愛の方向へ流れたがっている。という法則にも、

 

争うからだ。

 

自分の信じる真理の言葉は自信を持って持っておくこと。

 

それだけは手放すまい。

 

今回はこれにて、、、

 

See you...

サトラレる私。

今日も、作業所でサトラレる感覚がずっとあった。

 

今は一人でこうしてブログを書いているので、その時の臨場感で書いてないが、

 

昨日、最後に好きになった人をFacebookで見てしまったので、

 

今日は作業所で「アイス食べる?」と連呼している人がいて、

 

「「愛してる?」って聞こえる」とか何かやり取りしながら笑っていた。

 

その人には「人の気持ちをすぐに読み取れるんだね、すごい能力ですね。」

 

と、心の中で褒めといた。

 

このサトラレ感が、半端なくきつい。

 

今日、訪問看護のスタッフに相談したら、よくよく話を聞いてくれて、

 

「田中君はよく自己分析できてるね」って言って貰えて、

 

私は、辻褄は合ってるんだなと安心はした。

 

ただただ、精神的にきつい。

 

ではまた、、、

 

See you again...

私はマイナスなのかな?

私はゼロから始めようと決めていたけれど、

 

私は理性が崩壊し、いつの頃からか?

 

私の周りはいつも不気味な笑いが包む事が

 

多いというか、そうなってしまうような所に

 

自分が相当ねじ曲がってる結果、そうなった?

 

のかと思ってる。

 

一人の時は誰も周りに笑う人はおらず、

 

両親がいても笑われない。

 

で、落ち着ける。でも、一旦外に出ると、

 

不気味な笑い声が聞こえることが多くて、

 

そういう人を逆に見下げてきた自分がいた

 

けれど、もしかしたらそれは、自分が一人の

 

時にかなり自分を変な型にはめていて、それで

 

外では笑われるのか?と、自身でどういう

 

バランスを取るようにフローになるように、

 

気をつければいいのか?が、今は気になる。

 

という意味で、自分はゼロじゃなくマイナス

 

から、始めないといけないのか?という、

 

状況。自意識も抑制がきつい思いもあり、

 

明日、またそれ以降、作業所でやっていけても

 

人とぶつかりそうで不安が出てる。

 

バランスが悪いのは認めています。

 

笑われるのも、それを公にするなら苦しくない

 

でも、タロットなどをしても、自分を抑えろ!

 

「自分の望む通りばかりに行くもんじゃない」

 

と言われ、今の時空力プログラムと矛盾し、

 

何だかやるせない。果たしてどのような生活

 

スタイルを確立すべきか?と今、考えている、

 

でも、視界狭いアイデアなしの男が考えても、

 

限界ばかり。理性を完全に破綻させた精神科

 

を恨むばかり。でも、今更そんなこといっても

 

どうしようもない。置かれているところで頑張ると決めた。

 

ただ、道化師としての自分を職場で見せることには私は大丈夫なのだが、その後の処理などに関して難しい局面を迎えるのであろう。

 

私は感情を抑え、周りの笑われに耐え、

 

自分の境界線を作っていく。多分ここしか道は

 

ないと覚悟せねばと思っている。

 

作業所には可愛い魅力的な人もいるのだが、

 

今日は、前好きだった人の、冷静な顔を見てしまった。今、あの人は何を考え、私が見ることのできるところに出てきたのは、意図を感じずにはいられなかった。

 

でも、現時点での私は、自尊感情も低く、他人もまだ軽視している状態だと心理テストで出た。

 

こんなろくでもない男に何を懸けても損ばかりだといわざるを得ない。外れくじだ。

 

旦那さんと仲良く、末永く幸せに満ちた生活を送ることを私は望む。私は一貫して、好きな人には、ふさわしい人と幸せになってほしい。

 

今の自分じゃ果たせない事なのだ。

 

人は私を過小評価しているという人も思う人もかなり少ない人は思うかもしれないけれど、私は私自身を贈り物として人の中に入って、私なりの良さを発揮すべきだと時空力プログラムで気づかされた。

 

その前提は今まで何もかも中途半端だった過去があったからだ、自分自身にコミットメントできていないという理屈らしい、私にはまだ分かっていないが、兎に角、自分自身を贈り物として与えられた環境に放り込まれて、そこで自分の人生訓からアドバイスをするマイ・インターンデニーロのように振る舞うか?と言う感覚である。

 

お金だけはギリギリ危ないところまで来ていたのですが、これまでどうにかやれたのですが、もうピンチなので泣き言を言ってる余裕はない。

 

やはり、置かれた状況でしゃんと胸を張って生きなければとSMAPの「世界に一つだけの花」に習わねばと、今日の最後にする。

 

お休みなさい。

 

See you again...

 

P.S.恋愛はまだ様子を見たい。あの人がどう動くのか?私からのアプローチは完全にやめてくれと言われたからだ。お休みなさい。