読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公的抑圧を感じながら、、、

Written under being aware of social pressure !

スパイダーマン1、また他の例で見る、HEROの必須条件。を考えた。

スパイダーマン1に観るHEROに必須条件。
 
「HEROは、決して悪者を抑えないといけない。」ということ。
 
始めてスパイダーマンとして、プロレスリングで勝利したのにお金を貰えなかった。
 
そこで、賞金を渡さなかった人から強盗がお金を盗んだ時、不公平だと思い、止めなかった。
 
その結果、悪はより利己化し、殺人まで起こした。それもスパイダーマンの叔父を…
 
HEROは、光や太陽の様なイメージ、光るものを持っている。
 
一方、悪役はその光が当たる所が地面に当たる時に出来る”影”や”闇”の様な感じ(?)
 
宿命として、ネガティブで姑息なのだ!そこでHEROが慈悲心を持って、悪を許してしまっては、
 
いけない。絶対ダメだのだ!悪を封印する怖い面を見せないといけない。いい人になるな!
 
以上が、スパイダーマンに見るHERO像。以下は他の例でのHEROのあり方を書く。
 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
HEROは、「罪を憎んで人を憎まず」ということは、アンパンマンバイキンマンに対する姿勢
 
で分かるだろう。だから、イジメには光を与えて、ネガティブな部分を溶かして行こう。
 
私の小さい頃、人柄が好きだったアメリカ大統領がいる、レーガン大統領だ。
 
レーガン大統領の選挙の時に、政敵に対して、ずっと笑顔を崩さず、温かく迎えたのだ。
 
それにより、政敵は批判もできず、レーガンの人柄が政敵の攻撃を溶かしてしまったのだ。
 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
だから、ここで学ぶべきことは、笑いの力だと思った。ユーモア苦手の僕も今後目標として、
 
笑顔や笑いを、作っていくこと。ネガティブな笑いだったら、そのムードに流されてはいけない。
 
そこで、いい人になってしまってはいけないが、今回はHEROに関して書いているが、
 
悪事は根絶せねばならないのは、この場合も一緒。見過ごしてはいけない、よく様子を見よう。
 
ついつい、関係妄想で、自分がイヤなものを感じている時の、自分のボヤキや悪口は受け流そう。
 
関係妄想で苦しんでいる人はいっぱい居る。ネガティブな気持ちになる。
 
それも、当事者はそういう苦しみを吐き出して、同調する人達とネガティブムードが出来る。
 
そこから発展して、イジメをしたら、それは許してはいけない。それは悪事だから。
 
ネガティブスターは、HEROを際立たせる為にいると思う人も多いかと思うが、私は意見が違う。
 
本当のHEROは、縁の下の力持ち的な、誰もやらない様なことを率先してやる人だ。
 
”みんなが嫌がる、恐がる様なことを、進んでする人”だ。
 
私はそう信じたい、警察や消防士、救命救急士など、地道に命を助ける人達だ。
 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
話が逸れたかも知れないが、私は自分の方針として笑顔を身につけ、笑うことを率先したい。
 
ただ、私の笑いはちょっと、キャラとは合ってないとは思う。でも臆することなく笑いたい。
 
人を幸せな感じを感じて貰う様に勇気を持って臨みたい。ちょっと恥ずかしいけど、
 
そろそろ、デブキャラでルックスを落として居るので、いじられるのを喜んで受け入れよう。
 
以上です。
 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
では、おやすみなさい。