公的抑圧を感じながら、、、

Written under being aware of social pressure !

私の真理の言葉の発する「死のルール」について

今回は、私の真理だと思う言葉を第一義的においた場合に、偽となる「死のルール」について、

私は真理の言葉を

「ルールがあるならば、世界ができる」

という言葉と表現した。

これを第一義的においた場合、偽となるルール、

「ルールがあるならば、世界ができない」

が何故、死のルールとなるのかと言うことを書く。

これは、このルールを考えると、時間に沿って、ある瞬間このルールが成り立つと、

テレポーテーションか?もしくは?

このルールによって、現世界に壊れたり、破壊されている、無くなっていく状態になるのだ。

わかるだろうか?

このルールがあるならば、現世界に有るものが、無くなる、壊れる、テレポーテーションする

のようにしかならないのだ、だから、テレポーテーションができるようになれば少し、

このルールによって、科学技術が更に更新されることは間違いないだろう。

でも、まだ今の地球時点では、まだテレポーテーションは確実には確立されていない、

あっても、秘密機関に隠れているしかない。

さて、と言うことで、、、

って、どんなことでかい?と言われると困るが、一応私が現時点では、「死のルール」と定義した

ルールというものを表明して終わりたい。テレポーテーションを除くだが、、、

ではまた、、、

See you later...