読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公的抑圧を感じながら、、、

Written under being aware of social pressure !

テレポーテーションについての考察。

数学の端っこからの考察。

死のルールについて、例外条件であった「テレポーテーション」について、考えたのだが、

それは、そのルール即ち、

「ルールがあるならば、世界ができない。」

というものと、私の真理だと感じる、即ち、

「ルールがあるならば、世界ができる。」

の時間的にくっついた時に、

『テレポーテーション』が可能になるのではないかと思う。

現実世界から、その客体が見失われる「世界から消える。」世界ができない時と、
テレポーテーションのルールに繋げる客体が主体的に出てくる、世界ができる時の繋がり、

その時がテレポーテーションの瞬間だと現時点で考えている。

私の真理だと感じる言葉が第一義的に偽になりそうな瞬間に、真に移るようにルールがくっつく、
その時がテレポーテーションだと考える。