公的抑圧を感じながら、、、

Written under being aware of social pressure !

私のこれからの環境保全と動物愛護の倫理的方針。

私は、今日まで専守防衛。これは、今の日本の安保法制の問題とは違うのですが、

 

つまり、人間至上主義を覆し、「環境保全と動物愛護」さえ守れば善いという見方を変えました。

 

どういう事かと言うと、もし、環境保護と生態系の保護だけに専念した場合。

それとは反対派の野蛮な環境を無視し、生態系的珍種の奪取、殺戮が起こり続ける。その野蛮な人たちに殺されて悔しい思いをする人たち止まりになってしまうという事です。

 

つまり、野蛮な方法ではなく、ちゃんとした法整備をしてもらって、動物愛護これには勿論生態系の多様性を守る事も盛り込んで、環境もできる限り壊さない方向でみんなでやって行こうと方向づけをしていく活動をボランティア的活動でしようと思いました。

 

私は現在、動物愛護に関心がある。一つでも命を繋ぎ止めたいと思っている。

人間に捨てられたり、傷つけられたりした子たちだ。とても可哀想(;_;)

 

そういう子たちから、まずは家族を得るべきで、人間の利権によって、いいように売って利益を被っている人たちは私は好きではない。

 

ペットは”モノ”じゃない。”家族”だという意識にまだ現在、充分に日本では浸透していないと感じる。

 

ペットの最期まで看取ることが、これからは当たり前な日本にしていきたい。勿論、欧州に習い、海外でもそうなっていってほしい。

 

所信表明の変更でした。

 

ではでは、、、

 

See you later...