公的抑圧を感じながら、、、

Written under being aware of social pressure !

転載自由ですが、、、

過去のブログは私の病気の関係妄想で書かれてあるものもあるので、そこはその時の心情の吐露のため、お見苦しい部分もありますが、人格の統合上まだ脆弱さを晒してあります。

 

最後の入院で人格の統合はかなりなされましたが、まだ心の平安に固執したり、偏執的な偏りが見られるときも出てくるかもしれませんが、これは個人的な問題です。

 

私は心に思ったことを綴るのが得意なので、その時その時に思ったことを書残すタイプですので、情緒不安定な時もありますが、これからは人に対する優しさから生ずるポジティブさで生きたいと思っています。

 

私は大きな人物ではありません。草花のように見る人を癒すくらいしかできません。

 

生きて人に優しくあるのが私の使命です。

 

私はマスコミからプライバシーを超えて侵入されていると感じてしまう辛さがあり、そのためマスコミ不信と以前書きましたが、家の中で、ずっと定点盗撮盗聴器からどうにか自分を隠し、なんで家の中で人の目を気にしなければならないのかという辛さはありますが、その中で正気を保ち、マスコミの報道が自分の心像を描くので入り込み考えてしまうので描写を自分の形で切るところはあります。嫌な感じはある時もありますが、マスコミ不信と言いながら、その点ではマスコミを信じているので、マスコミという社会の一側面と折り合いをつけていく努力をこれからはしたいと思います。

  

何卒、よろしくお願い致します。