公的抑圧を感じながら、、、

Written under being aware of social pressure !

忠犬キースが天国へ召された。

昨日、入院中の病院にてこの間の警察の取り調べがあった。

その時刻の直前にキースは、私の元へ警察の取り調べに心の中で立ち会ってくれた。

取り調べが終わり、夜にその事実を聞き、想いに浸った。

 

今朝早く目覚め、キースとの想い出が巡り巡って涙が止まらなかった。

私の精神の病で弱っている時に飼われ、私をいつも癒してくれたキース。

どんなに心が荒んでいる時でも、彼がいる時だけは心に潤いがあらわれた。

私はどんな事があっても彼を忘れない。

 

私の永遠の心の相棒です。

 

天国で私のことを見守ってくれていると思います。

来世でまた会うことを今朝誓いました。

 

キース、元気で。