公的抑圧を感じながら、、、

Written under being aware of social pressure !

私の願い

私は現在もなお、絶望の淵にいますが、在野の片隅で生きます。

私は会社での経験がほぼなく、経済関連に関する手法は現政権の方が上手です。

ですので、国家の転覆は私の意図することではないし、現政権にも生活保護という社会保障に感謝しています。

私の完全監視は死ぬまで続くものと思い、自由は絶対に得られないと覚悟していますが、一人忍従の生活を送ると覚悟しています。

私の精神の病み方は癌のようにひどく、もはや回復は無理です。

人権蹂躙の残忍な行為に生殺しにされ続けてもなお、一人忍従の生活を送ると覚悟しています。私の生は人柱として生きることと思い生きていきます。

しかし、私の厭世的な見方は変えられないので、人とは関われないです。

迷惑をかけたくないので、そっとしてください。迷惑をかけてくるものには牙をむきますのであしからず。