公的抑圧を感じながら、、、

Written under being aware of social pressure !

これからの北朝鮮へ、私の思い…

今日、米朝首脳会談が実現した。

米国と北朝鮮の仲が良くなるということは、米国と韓国とも仲良くなること。

ただし、中国の後ろ盾を持つ北朝鮮は中国の歴史から舵取りをしながらのこれからの北朝鮮の国防をしなければならない。中国と米国の間で北朝鮮と韓国の発展をしなければならない。

ミサイルや核を持たない方法で国防に関しては維持しなければならないし、金正恩の難しい舵取りは続くだろう。国防に関しては対外的にまた対内的という両方の整備をうまくしなければならない。金正恩が統帥し歪んだ形ではなく正当な力の布陣をしなければならない。力は軍事だけではないことは言うまでもない。

ミサイル・核・拉致問題を日本に対し誠実に対応するのであれば、日本とも今後が期待でき、経済的にもうまく行きやすくなると思われる。

金正恩委員長は元帥ではあるので姿勢は示しながら、良き相談相手となる人を国内だけでなく首脳の中でも良い経験を聞く姿勢も国の治世に良い方向に導くと思う。

 

米朝合意文書によると、

「南北北朝鮮板門店宣言に即し、朝鮮半島の完全なる非核化」

が盛り込まれたそうだ。包括的な内容ではまだ不確実らしい。北朝鮮が関係諸国との調整実施で、「検証可能で不可逆的な」というところで具体的に進めることを祈る。

米国側から北朝鮮への経済援助が盛り込まれなかったことと、トランプ大統領北朝鮮側が早急に非核化への取り組みをするだろう。という発言から、北朝鮮は経済的見返りのために非核化に向けて取り組まざるを得ないのではないか?と読むが、それが北朝鮮側の表面に騙されてはいけないとも読める。でも具体的に進まないと経済的援助はないんだろうな。具体的に進めるために信頼できる機関、できればIAEAと核軍事専門家を入れるべきだと思う。

 

トランプ大統領の会見によると、北朝鮮へ核放棄を任せているが、それは過去の北朝鮮政策で裏切られた過去があるのに任せて良いのか?金正恩委員長との合意の上での会見内容なのか?それともトランプ大統領Twitterの延長なのか?公式の会見なんですよね?金正恩委員長との個人的な関係によって自身の大統領再選を図っているのを感じる。ん〜、トランプ大統領は口は強いが中身が、、、沈。米朝合意はトランプ大統領金正恩委員長という特異な二人の人物で構成しているが、オーソドックスな米大統領に引き継がれるのであろうか?トランプ大統領が再選がならない場合、きちんと引き継がれるのか?米議会の信頼がないときちんとした成果とは呼べないのではないだろうか?今日の合意が両国のどれほど深い所までの合意となっているのか?

 

北朝鮮側の履行状況によって米議会へ影響し朝鮮半島平和条約になるか?協定で止まるか?ということになるのかな?と思う。条約にならないと体制保障とは呼べないと思う。金正恩委員長はトランプ大統領だけ見ていても駄目なんだと思う、米国民へ信頼を得ないといけないのだと思う。だから、「完全な検証可能で不可逆的な非核化」をしないと経済支援をしないと決めていたのは、こういう堅い意思が米国内では譲れなかったのではないか?民主主義国家と社会主義国家の違いがここに現れているのではないか?

 

北朝鮮の誠実な履行がないと経済支援も体制保障もないということは変わらない。