公的抑圧を感じながら、、、

Written under being aware of social pressure !

私の問題

私は昔から関心のあることとないこととの境界線ができてしまうような行動をしてきた。

できることだけをやってきた。できないことはプロに任せた方がよいという立場でもあった。

しかし、歳を経るにつれて、できないことに直面し、自分の納得できる範囲で生活を立ててきた。

できないことの一つに私の人権問題があったと思う。

それが最も大きな問題で、それが解決できないと私の経済は向上できないような問題が残る。その他の生活のことは十全。

昨日、警察には日本メディアの放送の兼ね合いのことは話した。政治家が絡んでいるかも知れないので、圧力はかかると思いますとも話した。しかし、警察の政治的中立性の元で私の人権問題を解決して欲しいと懇願した。私は私の人権問題をここまで申し出たことはなかった。自分の人権に関して強く出られなかった。

メディアには私の情報が詳細に集められ、その他数多くの情報の中から私に重ねられる近しい情報を選び出し脚色によって、法に触れない形で罪人扱いをしてきたので、私の被害者意識が骨の髄まで達している。もう20年。

進捗状況はここで伝えます。